月箱日誌 +渋谷のレンタルボックス+


渋谷と代官山の、ちょうどまんなかあたり。 レンタルボックスと雑貨のお店「月箱」です

ウェブサイト入り口はコチラ SNS ミクシィコミュニティもございます。
月箱ブログでご紹介しました商品は、通販もできます。詳しくは月箱通販についてをごらんください。
姉妹ブログ月箱カタログブログでは箱主様が自らご紹介♪もちろんこちらも通信販売対応可能です



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | | コメント(-) |
しとしと雨のそぼ降るなか、
遠い記憶を探して青山に行ってきました。

20140404kodomono.jpg
向かった先は「こどもの城」
実はですね、ずーっと記憶に残って気になっていた映像があって、
「手袋が戦うストップモーションアニメでなんか手袋♀と手袋♂の恋模様もありーの。」
という、シュール極まりない説明にしかならないのですが、
すごーく記憶に残っていて、、、
ネットで探してもうまく見つけられず、「じゃあ、見たところに行ってみるしか」
で、兄にも相談してみたところ、多分それはこどもの城のビデオライブラリーであろう、
ということになりまして20年以上ぶりくらいに入城です。

ですが、そういや春休み期間中でしたね(;´Д`)
お子様たちがワンサカとしんちゃんやワンピースやらのアニメに群がるなか
受付のおねーさんに決死の覚悟で相談。
「ストップモーションアニメならここらへんなんですが…」と
案内いただいたのは
ヤン・シュヴァンクマイエル作品
うーん、ヤンさんも好きなんですが、ヤンさんの作品は大体調べがついてて
当てはまるものはないんだよなー(´・ω・`)と思いつつも
せっかくなので目についたのを鑑賞。
【陥し穴と振り子 鑑賞】
やだわー、シュールだわー、こわいわー((((;゚Д゚))))
(あ、すいません、好きです。)

鑑賞しつつ、「でも…チェコ作品って可能性は高いかも…!」
と気付き、iPhoneで検索ビシビシピコピコ。
更にせっかくなのでもういっちょヤンさん作品鑑賞、
【闇・光・闇】
20140402medama.jpg
やっぱ違った。ミギー(寄生獣)みたいのが出てくるシュールなやつでした。
もーやだわー、イミフだわー( ´∀`)
(ごめんなさい、好きなんです)

更に検索、ピコピコー…
更に館内の端末でもピコピコー…


!!!

見 っ か り ま し た ー ー ! !
やっぱりチェコの監督でイジィ・バルタさんの
「闇と光のラビリンス 手袋の失われた世界」(1982)
犯 人 は お ま え だ ー っっっ!!!ヽ(=´▽`=)ノ

(実を言うと“イジィ・バルタ”と“イジー・バルタ”の、外国語のカタカナ翻訳揺れで
一回見つけられずムッキー!となったりもしてました)
20140403iji.jpg
えーっと、どうも名画のパロディ作品だったようです。
多分見ていたのは小学校低学年くらいだったと思うのですが
一体何がそんなに琴線に触れたのか、いつもくるたびに見ていたんですよね。

正直、自分の子供があんなもん繰り返し見ていたら心配になるようなシュールっぷり。
おかーさん、おとーさんごめんなさい。

でもでも、ずーっと気になっていた魚のほねがすっぽぬけたような
奇妙な達成感で子供の城を後にしました。

ビデオライブラリーは、昭和のイメージする近未来的な
ブースに入って鑑賞できる、なんだかおもしろスポットです。
所蔵タイトルは2万以上あるそうで、入場料¥500で見放題!
と思うと大変お得なスポットかもしれません。

なお、こどもの城は後一年で閉館となりますそうで…
閉館前にスッキリ出来て良かった…(T_T)

【手ぶらで参加OKの1dayおけいこ】
4月12日(土)kogoさん ミニゴーグル付きストラップご参加受付中です


春の箱主様ご紹介キャンペーン開催中 4/30受付まで!
詳しくはこちらの記事をご覧くださいませ。
http://tsukibaco.blog74.fc2.com/blog-entry-3234.html


ブログランキングに参加中
↓「入城時に「大人の方のみですか…?」って聞かれたけどね!」で、本日もクリックお願いいたします
にほんブログ村 雑貨ブログ レンタルボックスへ
このランキングは直近7日間の集計、毎日コツコツクリックしていただくのがキモなのです
「読んだよー」のお知らせで、毎日応援ワンクリック★ぜひお願いいたします♪

個人的な思い出をながながーっと語りましたが、
本日はご納品ございませんでしたm(__)m
2014.04.03 15:39 | 作品紹介 | | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。